傾く雨音

投稿日:2010/10/01 08:08:57 | 文字数:602文字 | 閲覧数:127 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

※10月01日
間違いを見つけたので修正させていただきました。

なぁ様の素敵な楽曲に歌詞を応募させていただきました。
http://piapro.jp/content/x5xjdlujk9dmi67a

雨がモチーフの楽曲です。
失恋してしまったルカさんをイメージ致しました。
突然の別れに心が追い付けなくて泣けないルカさん

けれど雨の中飛び出して、冷めてく体を抱きとめてくれる貴方の腕が
いつも傍に居てくれた貴方がもう此処に居ないことを実感し、やっと泣くことが出来たルカさん

あともう一度貴方との幸せを描いた夢を見させて、そうすれば私はきっと1人でも歩いてゆける、と決心するルカさん

という感じです。


とても綺麗で寂しげな曲でしたので、失恋というテーマでしたがラストは明るめにしました。
雨上がりで、雲の隙間から日差しが差し込んでるような感じ。


初めての歌詞応募でしたが描いててとても楽しかったです^^*

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



雨音響く部屋 黒く沈んでゆく
窓を打つ冷たさに 貴方の言葉重なる

夢を見ればいつも 蘇るあの日々に
時計巻き戻して 立ち止まったまま
指先に残ってる 微熱の感覚が
あまりに優しくて 綻ぶの

貴方は此処に居ると 欺いては消える幸せ
鳴り止まない痛みに 目を背け閉じた

別れを告げられた 曖昧な記憶に
傷付け合うことさえ 今は恋しく想う

目を覚まして Ah

濡れた身体抱きとめる
あの腕はもう此処に無いけど
やっと溢れた涙
雨が隠してくれるから

明日もしも晴れるなら
もう一度だけ夢見させて
遠くなる愛(かな)し声
傾く雨音




ー読みー

あまおとひびくへや くろくしずんでゆく

まどをうつつめたさに あなたのことばかさなる

ゆめをみればいつも よみがえるあのひびに
とけいまきもどして たちどまったまま
ゆびさきにのこってる びねつのかんかくが
あまりにやさしくて ほころぶの

あなたはここにいるとあざむいてはきえるしあわせ
なりやまないいたみに
めをそむけとじた

わかれをつげられた あいまいなきおくに
きずつけあうことさえ いまはこいしくおもう

めをさまして あ――――…

ぬれたからだだきとめる
あのうではもうここにないけど
やっとあふれたなみだ
あめがかくしてくれるから

あしたもしもはれるなら
もういちどだけゆめみさせて
とおくなるかなしこえ
かたむくあまおと

お名前変えました。
描いたり歌ったり

ボカロもUTAUも好き。
のろのろペースでうp。

何かお手伝い出来ることあればお気軽に。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP