花束ライフ

投稿日:2012/04/02 21:57:41 | 文字数:380文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

そして、こんにちは。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『花束ライフ』


【A】
 君にもらった花束が朽ちるまで
 詩のない歌を空に歌うよ
 しみだらけの影にうずくまって
 一人の世界でまどろんだ

【B】
 寒い眠い 日が当たるまで
 僕はずっと 眠れずにいて
 朝は二度と もう来ないれど
 花はずっと 光り輝いて

【サ】
 寂しいなんて 独りよがりで呟いた
 色のない世界に取り残された
 僕こそが一人にしたんじゃないか
 鮮やかな君と 二人寄り添っていた
 意味のない毎日幸せだった
 花束に添えた君のぬくもりも


【A】
 君にもらった花束が朽ちても
 僕は、君に歌い続けるよ。

【サ】
 会いたいなんて 寄り添って呟いた
 意味のない言葉に取り残された
 僕たちは一人に慣れないまま
 鮮やかな歌に 二人寄り添っていた
 息の間に微笑む音に弾んだ
 最後の花束が朽ちた頃には

 君にさようなら

sakyと申します。細々と作詞みたいなことしてました。
たまに絵も描いてました。

字数は考えていたり考えていなかったり。

「曲募集 タグ」がついていなくても、「歌詞 タグ」が「ついていない場合」に関しては、曲を募集しておりますので、気になったものがあれば一声かけてくださると嬉しいです。
歌詞改変は要相談。

基本的にTwitterにいます。
 http://twitter.com/saky114

ご入用の方はメッセージを飛ばすか、Twitterへ。

※使用してくださる方へ※
身勝手な要望ではありますが、もし可能でしたら、途中経過を報告してくださると助かります。また、断念する場合も報告してくださると助かります。
(使用していただくことに慣れていないため、気になってしかたないのです)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP