I think.

投稿日:2021/03/08 22:51:22 | 文字数:555文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:小説

ライセンス:

奏さんとまふゆさんの話。
最初奏さんサイド。その後まふゆさんサイドの話です。
セカイにいって会って何かを話すということは決まっているのですがそれはまた後で…
私の小説を世に出すのは初めてなのでお手柔らかに…
ではまた今度。
PS
てかワンダショのアフターライブ最高でしたね!目から煮汁です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

音を奏でる。
私は音を奏でる。
間違えないように、温めるように、
そっと、やさしく。
『今回もさすがです!!』『やっぱり神』『耳に残ってしまうメロディ』
みんなコメントを残してくれる。
その中で気になるものがあった。
『あなたの曲で救われました!』
そうコメントを残っていった人がいる。
しかしあの人ではないだろう。
私が救いたいあの人ではないだろう。
「まふゆ、私はあなたを本当に救えるの?」
そう声を出す。
あの人には届かないのに。

「さすがまふゆ!今回も100点だわ!」
「うん。」
「このまま100点を取り続けて欲しいわ〜」
「うん。じゃあお母さん、私勉強してくるね。」
「しっかり頑張ってきてね!」
バタン
「…100点か…」
100点…100点…
何回取っても満たされないこの心。
「これじゃまるで人形ね。」
そう私は呟く。
100点はすごい。みんなそう呟く。
けど私の人生は?何点なの?
ああ、違う。
私の人生は100点だ。
人形の人生としては100点だ。
私はそう考える。
人形としていれば私の人生は100点なんだ。
誰が見ても100点なんだ。
けどあの人から見たら?
あの人に聞いてみたら何点とつけてくれるんだろう?
「…会ったら聞いてみよう。」
そういって、私は誰もいないセカイへ行った。

俺やで。ボムPやでぇ。
曲などを作る普通の男性です。
受験生なので、更新がめっちゃ遅くなります。
ご了承ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP