君と見ていたセカイ 歌詞

投稿日:2013/10/01 21:42:26 | 文字数:466文字 | 閲覧数:517 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

零れ落ちて冷たくなる頬
明日にはきっとわからなくなる
僕らはそうやって悲しいことを
忘れて楽になって

独りで居ると安心するくせに
何処かで温もりを探している
僕らはそうやって寂しいことを
思い出して辛くなって

誰かを初めて好きになったとき
僕らは初めて他人を守った
誰かと初めて終わりを知るとき
失う怖さを覚えた

君が見ていたセカイだけは
綺麗なままでいいよ
たとえそれが嘘でも

笑い声が何処かで聞こえて
その一人に僕が溶け込んでいた
やっとの思いで手に入れた場所
僕らはまた 奪い合って

誰かを初めて憎しんだとき
僕らは初めて自分を嫌った
誰かに初めて傷を付けたとき
この手が汚く思えた

君が見ていたセカイだけは
綺麗なままでいいよ
僕がそれを守るから

誰かに初めて優しくしたとき
僕らは自分を酷く疑った
誰かと初めて分かり合えたとき
僕らは静かに願って

君が見てたセカイだけは
綺麗なままでいいよ
たとえ僕が死んでも

同じものは一つと無いから
僕らは違うものを
ただ見つめて生きてく

それが君と見ていたセカイ

(*っ´ω`c*)しがないmp3置き場

この作品URLを含むツイート1

  • 君と見ていたセカイ

    by くろずみPさん

もっと見る

▲TOP