take.0 歌詞

投稿日:2013/08/25 17:13:10 | 文字数:444文字 | 閲覧数:280 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

平穏に沈む世渡り上手の教えは
正義感を持つ奴だけが馬鹿をみるらしい
こんなもの突きつけられて笑えと言うなら
夢を見るのも勇気が要るな

食い荒らされた僕らの理想
ほらもう見えなくなった

何を信じてさ 何を疑って
繰り返される 仕分け作業の中で
僕らは今も 夢を見ていたいんだよ
ただ一歩進むことの
勇気を教えて

手を伸ばせば霞んでいく無情な現実
真面目さ故にその命を愚かに失くして
こんなこと見せつけられて生きろと言うなら
這い蹲って惨めでいるよ


何を手に入れて 何を失って
数え続けてく 繊細な思い出を
僕らは今も 捨てられないでいつも
また一歩進むことを
恐れた僕らは

still in take.0


大好きだった百合の花弁は
僕らの理想と気づくには遅すぎて

何を信じてりゃ 何を手にすれば
繰り返してた セピア色の後悔で
僕ら今も ここで夢を見るから
もうずっと立ち止まること
終わりにして名前を付けた
臆病な僕らのちっぽけな夢は

still in take.0

(*っ´ω`c*)しがないmp3置き場

この作品URLを含むツイート1

  • take.0

    by くろずみPさん

もっと見る

▲TOP