少年少女と街の唄

投稿日:2020/01/24 21:44:52 | 文字数:655文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「少年少女と街の唄」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

渇いた 空の青 無音の音楽に溺れ 今日も 僕は 耳を塞ぐ
つじつま合わせで 造られ崩れそうな街も きっと いつか砂へ還るだろう
朝と夜が繰り返す

ゆらりゆらり窓辺で踊る
花も散った 告げよう別れの挨拶を


世界に満ち溢れている希望とか
誰かが歌う永遠の愛だとか
作り造られ失われた真実を
知りたくないと誰もが目を閉じる 


そして少年少女が歌う様に
白い服を泥で彩る様に
繋げ始まりの記憶まで
翳る感情さえ追い越して


全ては銀色で 冷たく硬く この世界はきっと 何時もの様に過ぎるから
居ても居なくても同じ

此処に其処に理由を求め、
誰も知らず 暗闇の中を進むのさ

世界で誰よりも不幸とか
誰かと繋がっていたいとか
自由を求め戦うふりをして
自らを鎖で縛るのさ

そして少年少女の夢の様に
踊っている暗く深い夜明けが
白むその前に駆け出して
本当のあなたに 出会うまで

遠く聞こえる
夕暮れの声
今進めば戻れないとしても

向かう先そこに
何もないとしても

咲いた火花 刹那と知って
それもいいと 言の葉が舞う空に歌う


千切って破って切り裂いて
砕いて潰して引き裂いて
それでも愛してしまうなら
その時は優しく抱きしめて

正解に生き続けるのが答えなら
誰も彼もと繋がるのが答えなら
それを知らずに生きることも答えでしょう
解(こたえ)のない不自由が真実(こたえ)でしょう


歌え少年少女のように今
胸に突き刺す痛みをそのままに
生まれたばかりの感情で
何処までも行けると知っているから

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP