スサノオの伝説

投稿日:2020/01/17 08:42:04 | 文字数:409文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:歌詞 | 全9バージョン

ライセンス:

スサノオ伝説を曲に綴りました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<1>
穢れの禊(みそぎ)で生まれた
母の温もり 知らぬまま
行き場のない悲しみが 山を枯らし 川と海を干す
父神の命に背いて 黄泉国への旅を決意する
姉神への挨拶 誓約(うけい)の後に 抑えし想いが溢れる

荒んだ心の絵図を 天上界に映し出す
この激情 誰か受け止めよ

<2>
高天原を追われて 
赤い河の岸辺に立つ
恐れ悲しみに満ちた民 生贄の麗しい姫の涙
胸を焼く深い憂いに重ね 十柄剣(とつかのつるぎ)を手にとる
身に秘めた破壊の力に愛掛けた我が前に               
八岐大蛇よ 出でよ

血潮を散らす戦いの果てに 天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を見出す
天高く八雲が燃える 我が名は スサノオ

※ 八岐大蛇の体内にあった剣は、草薙剣(くさなぎのつるぎ)、都牟刈太刀(つむがりのたち)、さらに八重垣剣(やえがきのつるぎ)とも呼ばれます。この曲では、天叢雲剣の名称を用いました。

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • スサノオの伝説

    by 野津 敬さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP