水仙の魔法

投稿日:2012/12/25 02:15:03 | 文字数:458文字 | 閲覧数:36 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

どんなに願っても叶わない
片思いをした、少女の嫉妬の唄

少女の心は、きっと自惚れに満ち溢れていた

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寂しいよ きっと彼女は暖かい暖炉の前で
柔らかいクッション抱いて 深い眠りに落ちている

私も隣で寝かせて 温かさを少しだけ分けて
窓の外から 雪も降り積もるのに
マッチを擦って 寒さに凍えていたくない

魔法は僕を 包んでくれやしない
理想<ゲンジツ>はいつも 魔法の先にあるから
真実さえも見えずに 一人座り込むの


切ないよ きっと彼女は優しい人の声と
熱すぎるスープを飲んで 心から温まるのだろう

私をここから遠ざけて 羽織るもの一枚さえいらない
壁の中など 腕を伸ばせば届くはずなのに
どこよりも遠く 見つめることもできなくなる

枯れ木は僕を 温めてくれやしない
空箱揺すっても マッチももうなくて
空からの涙は延々と 体を冷やすの


本当は分かっている 何も持たずにここまで来たのは
僕自身だということは
マッチ売りの少女にはなれないことは


魔法は僕を 包んでくれやしない
理想<ゲンジツ>はいつも 魔法の先にあるから
真実さえも見えずに 一人座り込むの

真実さえも見えずに 一人座り込むの

奈美といいます。
拙くともせっかく書いた歌詞なので、誰かに使ってもらえたら嬉しいです。
ノリのいい曲が大好き。気に入ったものが好きなタイプです。

タグのボカロ人物は目安なので、性別合ってれば変えても構いませんですぜー(ミク→リンとかルカ→GUMIとか)


生暖かく、ね

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP