ブレイブ・ハート

投稿日:2013/03/25 17:16:27 | 文字数:827文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

はい!と言うわけで初投稿となります。

高校野球、プロ野球開幕だなぁと思い歌詞書いてみました!
不慣れなもので完成まで3時間かかりましたが。。。

しかし、この歌詞はボカロの方々に歌わせるのは難しそうですね、、
今度はもうちっと歌わせやすいのにしなくちゃなあ……

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ついにたどり着いた 10年越しの夢
その場に集うのは 70人の敵
心が震え出す ついにたどり着いた
優しさはいらない これからに胸高鳴る

成功に希望 飛び込んだ世界
どこにも味方はいない 癒やしも見当たらない
きっと20年間 毎夜の孤独と戦い続ける

あのときに 目覚ました 少年の夢 走り始める
栄光を 夢に見た 輝き、頂点この手に
他のなにも 目をくれず ただひたすらに 夢へ駆け出せ
目指す場所 まだ先に 期待、声援、夢を叶える

泥にまみれて 熱にうなされて
足を取られて 身体を起こして
他者を蹴落として ひたすら走って
勇気の心で この手に光を



ついにたどり着いた 70人の頂点
そこから眺めるは 770の敵
心が怯え出す ゴールはまだ遠い
記憶が舞い戻る 再びの力の差

これで幾度かの 心からの挫折
蹴落とした相手から 言葉はかけられない
いつの日かした想像 現実になったと知る

あのときに 目覚ました 少年の夢 未だ幻想
栄光は まだ掴めず 輝き、救いをこの手に
他のなにも 目をくれず 暗闇の中から 出口、駆け出せ
費やした この時間 追憶、懐旧、無駄には出来ない

涙を流して 力に臆して
目線をそらして 道は閉ざされて 
また立ち上がって その手を開いて
勇気の心で 天使の救いを



ついに膝をついた 限界を悟った
どうにも届かない 一握りの敵
折れきった心が 他の扉を開ける
心揺さぶられる 闇夜への誘い

衰えてゆく力に 焦燥感覚える
このまま終わるのか それだけは出来ない
家族、良識、実績 ひとときのためらい

あのときに 目覚ました 少年の夢 ついに潰えた
栄光も もう目前 力、命をこの手に
他のなにも 目をくれず 生きるために 闇へ駆け出せ
明日のため 振り払え 名誉、大尽、幼き日の志を

覚悟胸にして 身体を壊して
針を突き刺して 薬を注いで 
理性振り切って 昨日を壊して
勇気の心で 悪魔の力を

まだ始めたばっかりなんよ?

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP