A Traveller in Time(仮)

投稿日:2014/06/18 23:42:46 | 文字数:425文字 | 閲覧数:82 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

sachiさんの音楽(http://piapro.jp/t/R83b)に歌詞を付けさせていただきました。

少し大人になって、思春期のころの夢を恥ずかしく思い出してみたり。
今から僕に逢いにいく理由としては以下の三択から好きなものをどうぞ。
1)夢を捨てるときの僕を励ましにいく
2)夢を捨てたときの僕をぶっ飛ばしにいく
3)夢を持ったときの僕をぶっ飛ばしにいく(黒歴史は封印!)

6/18 仮タイトル追加。3番を推してみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

胸の奥に
深く底も見えぬ穴があると
気付いてのは何時だろう?

invariably 未来を諦める時に僕は
その穴に捨ててきたんだ 「努力も無意味だ」と

塵箱溢れた
煌きが空に還る
腕を伸ばした
涙がこぼれた
「こんなに綺麗だった!」

夜空に映える星に
僕は夢を観たんだ
あの星も 伸ばせば手が届く!

僕は誓うんだ
いつかの日の僕に

今すぐ 行くからそこで待ってろと


***ひらがな***

むねのおくに
ふかくそこもみえぬあながあると
きづいたのはいつだろう?

invariably みらいをあきらめるときにぼくは
そのあなにすててきたんだ 「どりょくもむいみだ」と

ごみばこあふれた 
きらめきがそらにかえる
かいなをのばした
なみだがこぼれた
「こんなにきれいだった!」

よぞらにはえるほしに
ぼくはゆめをみたんだ
あのほしも のばせばてがとどく

ぼくはちかうんだ
いつかのひのこどもに

いますぐ いくからそこでまってろと

はじめまして、tomohasiと申します。
作詞を中心にちょこちょこと活動出来たらと思っています。
感想・アドバイスなどありましたら、よろしくお願いします。
また、基本的には改変不可にしておりますが、曲をつけていただける際など文字数が合わない場合は、お手数ですがご連絡ください。出来るだけ手直しします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP