記憶の水槽

投稿日:2017/04/24 19:27:41 | 文字数:439文字 | 閲覧数:4,081 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

記憶の水槽

大嫌いな君の靴 海に沈めてしまって もう
明日には忘れているから きっと君のことなんて

恋をしていた 飴玉のような
いつか溶けてしまうってことも思い出せなくなってさ
溺れていた 海が凍りついた朝のような痛みの中で
目を閉じて

大嫌いな君の靴 海に沈めてしまっても
なにもかも覚えている
ただ、水槽が満ちて溢れ出した

止まった時計の針、二度とは動かない心臓
あの時見えていたはずの景色ですらも灰に消えるような

恋をしていた
最後の記録で、君が煙になって冬の天井に消えてさ
凍りついた私の記憶の水槽は、今でも眠りの中だ

誰も死なない病棟のように、過去の手紙に溺れてしまえ
明日がもう来ないのならば 氷の底でさ
春を夢見るだけ

恋をしている
飴玉のように記憶の海に溶けて、全てが灰色になっても
君が笑って私の選択を許してくれる

二人は水槽で沈んでいく

-さよならが言えないまま 彼女はずっと夢を見て
今日が終わってまた今日が始まる朝でも、笑うだけだった-

・金銭の発生する場でのご使用は、一度ご相談ください。
・ニコニコ動画上での二次創作の際は必ずコンテンツツリーの登録をお願いします。
・無断転載は一切禁止させていただいています。ご了承ください。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました

    2017/04/26 18:09:37 From  sume_red

もっと見る

▲TOP