少女のレプリカント【歌詞応募】 ロカルツP様

投稿日:2021/04/15 18:37:38 | 文字数:885文字 | 閲覧数:802 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ロカルツP様の「【歌詞募集】タイトル未定 「ロックバラード」 締め切り 5/5」への応募の歌詞(2)です。

(サビの前半だけがレプリカントの視点の歌詞です。)

タイトルは仮称です。
編曲の際の歌詞改変、調整は問題ありません。
また、 対応も可能です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
微笑み
髪を梳いた
星を纏う少女の
レプリカント
 1B
歌うのは恋の歌
想うのはただひとり

届かないと
知ることもなく

 1サビ
その目に映すのは誰?
記憶の彼方で紡ぐ
触れた夜の
背中の温度

少女のレプリカントは
星が砂になったとしても
愛を止めないだろう
たったひとつの真実になる夢をみて

 2A
片隅
まばたきする
恋溺れる少女の
レプリカント
 2B
こぼすのは愛の音
馳せるのは想う声

忘れかけた
面影残す

 2サビ
涙を掬うのは誰?
いつかの記憶を繋ぐ
混ざりあうの
ホントもウソも

少女のレプリカントが
花を風に変えたとしても
歌い続けるだろう
たったひとつの真実になる夢をみて

 サビ
命をとめるのは誰?
機械仕掛けの心臓
捧げたいの
もうあなただけ

少女のレプリカントは
歌声をなくしたとしても
愛を伝えるだろう
たったひとつの願い事

「わたしだけをみて」


——ひらがな——
1A
ほほえみ
かみおすいた
ほしおまとうしょおじょの
れぷりかんと
 1B
うたうのわこいのうた
おもうのわただひとり

とどかないと
しることもなく

 1サビ
そのめにうつすのわだれ
きおくのかなたでつむぐ
ふれたよるの
せなかのおんど

しょおじょのれぷりかんとわ
ほしがすなになったとしても
あいがとめないだろう
たったひとつのしんじつになるゆめおみて

 2A
かたすみ
まばたきする
こいおぼれるしょおじょの
れぷりかんと
 2B
こぼすのわあいのおと
はせるのわおもうこえ

わすれかけた
おもかげのこす

 2サビ
なみだおすくうのわだれ
いつかのきおくおつなぐ
まざりあうの
ほんともうそも

しょおじょのれぷりかんとが
はなおかぜにかえたとしても
うたいつづけるだろお
たったひとつのしんじつになるゆめおみて

 サビ
いのちおとめるのわだれ
きかいじかけのしんぞお
ささげたいの
もうあなただけ

しょおじょのれぷりかんとわ
うたごえおなくしたとしても
あいおつたえるだろお
たったひとつのねがいごと

わたしだけおみて

(cataclecoで「かたくりこ」と読みます。)
テキスト分野(作詞)に興味があり登録させていただきました。
歌詞を投稿しています。
応募用以外は曲募集中です。
曲先、詞先どちらも可能です。
よろしくお願いいたします。

(別場所では短歌や短編小説創作をしています。)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【選考中】タイトル未定 「ロックバラード」

    by ロカルツPさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP