【応募用】夏雨季節

投稿日:2019/07/26 11:03:43 | 文字数:1,231文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

のわ様の作品(https://piapro.jp/t/sSax)への応募用です。

タイトルをそのまま頂く形で、夏の雨をテーマに書かせて頂きました。
疾走感のある切なくメロディアスな曲に、青春感とノスタルジックな雰囲気を目指して書いています。
イメージに合うかどうか分かりませんが、こんな感じのものもあるという事で、ご検討頂ければ幸いです!

※7/26 1サビ・3サビ後半フレーズ、2A最後のフレーズを変更しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺らめく陽炎 洗い流すように
黒いアスファルト 叩きつけてく雨
濡れた髪で 空見上げてた君の
目に映りたくて その手を掴んで

傘もあてもなく走る道が
ずっと続くよう願った

強く握った手の熱だけで
世界の全て 越えて行けると思った
雨に打たれて それでも笑う
君と ただ駆け抜けた日々は
夏の雨の匂いの季節

息を切らして座り込んだビルの
コンクリートの色と 触れ合った唇
冷えた君の肩が震えてたこと
僕は気付かない振りをし続けて

腕の中に君を閉じ込めて
他に何も要らなかった

風に吹かれて 俯く君の
涙も傷も全部 消せると思った
止んでく雨の 向こうの明日を
無邪気に信じ続けた日の
遠い青に染まった記憶

何度「IF」を胸に繰り返してみても
季節は止まらなくて
僕は今もまだ 叩きつける雨に濡れた
あの夏の日の痛みを抱いたまま

不意に顔上げた君の指が
さした鮮やかな二重の虹
子供みたいに笑い転げて
きっと それだけで良かった

強く握った手の熱だけで
世界の全て越えて行けると思った
びしょ濡れのまま それでも笑う
君と ただ駆け抜けた日々は
夏の雨の匂いの季節

---------------------------
譜割り用ひらがな表記(ご参考)
※< >は字余り箇所、< >内を1音に入れるイメージです。
---------------------------
【1A】
ゆらめくかげろお あらいながすよに
くろいあすふぁると たたきつけてくあめ
ぬれたかみでそら みあげてたきみの
めにうつりたくて そのてをつかんで

【1B】
かさも あてもなくはしるみちが
ずうと つづくよおねがた

【1S】
つよくにぎいた てのねつだけで
せかいのすべてこえて ゆけるとおもた
あめにうたれて それでもわらう
きみとただかけぬけたひびわ
なつのあめのにおいのきせつ

【2A】
いきをきらして すわりこんだびるの
<こん>くりとのいろと ふれああたくちびる
ひえたきみのかた がふるえてたこと
ぼくわきづかない ふりをしつづけて

【2B】
うでの なかにきみをとじこめて
ほかに なにもいらなかた

【2S】
かぜにふかれて うつむくきみの
なみだもきずもぜんぶ けせるとおもた
やんでくあめの むこおのあすを
むじゃき にしんじつづけたひの
とおい あおにそまあたきおく

【3C】
なんど いふを むねに
くりかえしてみても きせつわとまらなくて
ぼくわ いまも まだ
たたきつける あめにぬれた
あのなつのひのいたみをだいたまま

【3B】
ふいに かおあげたきみのゆびが
さした あざやかなにじゅうのにじ
こども みたいにわらいころげて
きいと それだけでよかた

【3S】
つよくにぎいた てのねつだけで
せかいのすべてこえて ゆけるとおもた
びしょぬれのまま それでもわらう
きみと ただかけぬけたひびわ
なつのあめのにおいのきせつ

歌詞提供楽曲の公開マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/22196729
ネタメインの自作曲マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/23436480


↓メールアドレス↓※□を@に変えてください。
redmoon9312□yahoo.co.jp


たぐい

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP