piapro公式Twitterで紹介されました

【鏡音V4X】背徳版 煉獄エデン

投稿日:2015/12/30 01:57:09 | タイム/サイズ:03:19/(7,777KB) | 閲覧数:930 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

愛してはいけない愛の歌。V4X購入記念に、ちょっと作り直してみました。
V2にべったりだった私には難しすぎる((((;゜Д゜)))))))w
でも新しい機能楽しいね…

カード
イラスト1

+ 追加

illustration by 有月 仮字さん

PLAY

愛してはくれない愛してはくれない 愛してはくれないのは罰だから
(愛してはいけない愛してはいけない 愛してはいけないのは罪だから)


理:「愛せるはずもない」 背徳:「そんな資格もない」
理:「あの日の過ちを償えたなら」
騙らうだけの愛、無慈悲な拷問よ 堕とされた煉獄(らくえん)二人のエデン


死神:「高価な矛盾の魂 煉獄で見つけて賭けをした
    始末書覚悟と諦めて 冥府の門を開けてみる」


遺伝宗教倫理社会通念的に この恋だけ無論許されないと
語らうだけの愛、哄笑な結末 『煉獄の兄弟』の騙り愛
触れれば地獄行き触れずに地獄逝き 堕とされた煉獄二人のエデン
触れ合うだけで罪、高尚な神学? 僕らは死して尚縛られている

大人になれず死んだ 僕らはまだ知らない これまで犯してた大罪(つみ)の重さを
愛なき行為(あい)は罪 愛ある恋(あい)も罪? やがて散る命に贖罪よあれ


悪魔:「愛しているからって心を押し殺し 強がり笑ってみても所詮人間には無理よ
    愛しているからって大人の顔をして 隠してみても自分の心だけには背けない」


愛してはいけない愛してはいけない 囚われて背徳(エロス)の凱旋は逝く
愛してはいけない愛してはくれない 囚われ堕ちて罪(罰)の凱旋ロンド


背徳:「本当に怖いのは軽蔑されること」 理:「何故忘れられないこんなに君を」
伝承:「掟に背いても貴方に伝えたい 今すぐにこの森から逃げ出して」
理:「お前が何より恐れてるのは本当は俺のことだろう!? 何も言わせぬまま逃げ出すなんて」


愛してはいけない愛してはならない
愛しては生きられない(いけない)愛してる(愛してた)のに
愛してはいるけど国(ひと)を愛するため 別たれた二人の煉獄エデン

愛してはいけない 愛してはいけない 愛してはいけないのは罪だから
(愛されずに死んだ 愛されずに消えた 愛されなどしないこれは罰だから)

もっとみるLyrics by 有月 仮字さん

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。

ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    ピアプロ運営です。ピアプロの公式Twitterアカウント
    https://twitter.com/piapro)でおすすめの作品として紹介させていただきました!

    2016/07/06 10:46:08 From  ピアプロ運営

  • userIcon

    メッセージのお返し

    初めてのことなので、驚きましたが嬉しいです。ご紹介いただきまして、ありがとうございました!(ρ_;)

    2016/07/06 22:18:36 有月 仮字

  • 背徳の姫君&理の王子

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒10】時の砂時計~million hourglass~

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒12】絡繰り花時計~atelier reine~【ルカ&リンオリジナル曲】

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒エピローグ】鐘時計~Sonnette&Clochette~

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒9】真夜想曲~Media nocturne~

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒5】クロノトラベラー~金貸し女王様の歌~

    by 有月 仮字さん

  • 【背徳の姫君】『訪問者の物語~Destrudo~』

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒3】Perpetual orgel~永久機関の恋心~

    by 有月 仮字さん

  • 【背徳の姫君】悪意の花~Nettle~【五夜目三話】

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒11】水時計(clepsydra)

    by 有月 仮字さん

  • 【時間泥棒1】時間泥棒~Chrono Breaker~

    by 有月 仮字さん

もっと見る

▲TOP