ミセスアイロニ 歌詞

投稿日:2016/06/20 19:35:59 | 文字数:447文字 | 閲覧数:2,078 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

作詞:はるまきごはん


レイジー、曇天さ 土曜日
少々正気足りていない
消えかかっている蝋燭の空気
傾く橙も無い部屋に

さあレディ、アイロニー
太陽が庇った
幕間は閉じてしまった 突然に
さあレディ、アイロニー
僕の終点は
底抜けたほどに綺麗な皮肉だった

大体平等なくらいで
随分前に擦り切ったんだろう
でもさあ、そうじゃない事もさ
それなりに笑えたような…ラララお終い

さあレディ、アイロニー
賽は新品さ
不躾な雨が降るんだ お世話様
アイロニー&アイロニー
息を吸い込んだ
幼気な振りをたたんで
しがみついた
しがみついていた
僕の言の葉が流れていく
答えは 任せておくよ

藍色 十九時 携帯が鳴った
藍色 十九時 携帯が鳴った
藍色 十九時 携帯を取った

愛でも 藍でも 携帯を取った
アイロニー、十九時 僕ら賽を振った

さあレディ、アイロニー
雨は振り切って
しわがれた皮肉みたいな街の色
あぁハローハローアイロニー
僕の終点なら
土砂降りに置いてきたんだ
さよならのまま

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP