【曲募集】脳髄オキシトリック

投稿日:2012/06/17 12:31:34 | 文字数:709文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

科学では塗り替えられない僕の個の色は。

=======

お久しぶりの投稿になります。

記憶を失った一人の少年と少年が愛した少女のお話です。

想定ボカロはIAかレンです。
この詞「脳髄オキシトリック」に曲または絵をつけて下さる方を募集しております。
もし興味を持った方がいましたらメッセ飛ばして頂けると嬉しい限りです。

よろしくお願い致します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


A1:シアワセってなんだったっけ
肝心なとこばっか
抜けちゃって 忘れちゃいまして

A2:自分(にんげん)ってどんなものなの
行き当たりばったりな
感性と 記憶の消失

B1:すれ違う人影も
見知ったはずの街並みさえも
思い出せない 思い出せないよ

sb1:「僕はどこでなにしてたの しているの。」
昔の面影探す
どこにも見あたらなくて
白い頭かかえたって
目の前は黒で塗りつぶされて

明日の今頃 僕の空気を吸って
イキして繰り返して
在(い)る人は居るんでしょうか
そんな不安ぬぐいたいと
暗がりでそっと口ずさむのは


C:君が呼ぶ コエがする
誰を呼ぶ? 僕ですか?
君はダレ 僕のナニ
約束ってなんなのです

B2:久しぶり、透き通る
「キレイだ。」なんて思うNoを
掻き毟って 掻き毟って

sb2:僕のものを考えるとこ そこにホラ
何かが映り込んで
何か思い出しそうで
白が赤に染まりそうだ
眼球は水でぐちゃぐちゃしてて

よくは覚えていないけど それからは
真っ白コートの奴が
僕らを引き裂きやがって
しょうがないね、微笑(わら)う君を
引きずられながら見ては啼いてた


sb3:どうやらヤバイ状況らしいけれど
僕は理解できなくて
ただ頭(そこ)にある粒子は
青い瞳求めるから
理由(りゆう)なんてのは不必要だよ


sb4:暗がりにて囁いてた 文字列を
紡いだ真昼の星座
ブルーに映り込むのは
まぎれもない「僕」自身だ
すぐそばに居るのは「誰か」じゃない

記憶、反転 壊された理想論
「ああこれが幸せだった。」
がむしゃらに息をしては
君のぬくもり感じてた
個の中の色は塗り替えられて


なるま(まさし)と申します。
主に歌詞を書いてます

pixiv: http://pixiv.me/hikage23gumi
ニコ動: http://www.nicovideo.jp/user/18570045/mylist

アイコンはゆき様【 http://piapro.jp/soi__333

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP