せせらぎの向こうの国

投稿日:2019/09/28 19:04:37 | 文字数:420文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌を歌いながら死にたいな、そしてあの世でも歌を歌ってたいなっていう曲です。

動画(no8xf氏とのコラボ):

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

カウチで微睡む午後二時のなんでもないこの幸せが
雨に流され消えるまでは風に音楽を預けていよう
あちらに揺られこちらに飛ばされどこまで届いてくれるかな
辿り着いた知らぬ地で誰かが拾ってくれればいいのにな

ふわふわと浮かんで空の彼方へ消えてしまうんだろうな
そしたら僕の幸せは風に吹かれてもう誰にも聴こえやしないんだ

それでもたしかに口ずさんだ幸せがあったのだ、

きみにもわかるだろう?
なんでもないこの幸せが、
誰にも知られずともかまわないほどの幸せが、

きみにもわかるだろう?
なんでもないこの幸せが、
どれほど愛おしくたいせつなものなのか。


夢と現の合間に口ずさんでいるうちに
安らかな眠りを迎えられたなら靄の向こうにさそわれて神隠しにでもあうように
そのままうつくしい音楽以外は何もないせせらぎの向こうの国で微睡んで歌を歌おう

さあ歌を歌おう、思い付きのハミングで
なんでもないこの幸せをなんでもないかのように口ずさもう。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP