【×】サーブル -sable-

投稿日:2019/03/02 18:26:05 | 文字数:600文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

寝巻さん作曲の【歌詞・曲名募集】ロック系【初音ミクまたはIA】宛てに作詞したものです。
作曲者URL:https://piapro.jp/music_381
楽曲URL:https://piapro.jp/t/MfS6

●サーブル(Sable)
→フランス後で砂の意。同じくフランス語でクッキーをサブレ(sable)という。
●コンセプト
→砂に書いた告白が波にさらわれ消える、伝えるために努力する夏の歌。

間に合わなさそうですが、1番のみできたので投稿いたします。
→2番以降も完成しました。中途半端は良くない!笑

質問等ありましたらすぐ対応しますので、気軽にご連絡ください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(1番)
A
子供の頃見てた夢は
大人になると 透きとおり

どこかの誰かに向けた
手紙は海を彷徨うだけ
B
隣で過ごした 夏 恋のいろは
逃さないように 次の波をまつ

シュワシュワと音を立て
弾け飛ぶ メロンソーダ
この胸を溶かすような
あの暑さに 君を想う
S
砂浜に書いた僕の想いは
アクアブルーの波に攫われた
失くさないようにまた刻んだら
いつの日か君に伝えられる気がした

同じ波は 二度と来ないと
教えてくれた 君への想いを叫べ
(2番)
A
名前を呼ぶ君の声が
波音に掻き消されてく

割れたサブレ 口に含み
甘く乾いた喉の奥
B
2人で過ごした 夜 虫の音色
寝かさないように 月の灯り射す

サンダルを脱ぎ捨てて
蹴飛ばした 波飛沫
この熱を隠すような
冷たさが 夏の思い出
S
砂浜に書いた僕の想いは
ダークブルーの波に攫われた
壊れないようにまた刻んだら
いつの日か君に伝えられる気がした

同じ波を 待ち焦がれてる
何度でもやり直せる僕らの夏だ
C
僕にとって夢でもいいから
消えないで攫わないでよ
君の足跡を走ったら
また出会えるはずと信じて
S
手を繋いで歩く 波打ち際
君の瞳に僕を写してよ

砂浜に書いた僕の想いは
アクアブルーの波に攫われた
失くさないようにまた刻んだら
いつの日か君に伝えられる気がした

同じ波は 二度と来ないと
教えてくれた 君への想いを叫べ

プロフ画、随時募集中です。

主に歌詞の応募をしています。
更新は1ヶ月に1,2本程度です。
歌詞をつけるのはアップテンポな曲が多めです。が、バラードとかも割と好きです。オトナチックな楽曲には挑戦中ってところです。

作詞の依頼なども受け付けてますので気軽にご連絡ください。
記号と意味
【○】採用作品
【△】応募〆切間に合わなかったやつ
【×】不採用作品

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP