Lost Crown_歌詞

投稿日:2020/03/14 08:41:22 | 文字数:531文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞でやんす

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝焼けに触れる指
その跡をなぞる夜
酸素の濃いこの部屋は何だか逆に物足りなくて

一つ多い癖がつく
余した紅茶の湯気が
君の後を追うように午後3時の闇に溶けていく

目の前で 抉って 晒して 崩して
触れないで 聴かないで 嗚呼、泣かないで
温度の無い指先の感触がまだ拭えないんだ

Hello & nice to meet youなんて
これで何度目の台詞でしょう
からっぽなまんまじゃいつか
間違えて埋めてしまうから
早く

月闇に添えた歌
座らせたDollには
瞬きから教えよう息の吸い方一つさえも

お下がりの服を着て
ゆるく巻いた長い髪
どうもうまく行かないな比べてははまた溜息

記憶を探して写して重ねて
隠して騙して嗚呼、誤魔化して
「要らない?」と嘆いた言葉なら
どこかに捨ててしまったから

Hello & nice to meet youなんて
あと何度繰り返すつもりさ
飲み込んだその言葉の
続きを聴かせて欲しいんだ
その口から

一つ多い砂糖
お気に入りのケーキも
どれも違うから
また分からなくなる

影を追った先で
見つけた言葉はきっと違うけど
新しい答えをくれたんだ
君と違う笑顔で

鍵を飲み込んだ悪い猫なら
また明日と嘘を吐いた

ニコニコで色々やる予定です。
算数の問題文によくいるたかしです。
よかったら仲良くしてください<(_ _)>

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP