君の蒼さ/歌詞データ

投稿日:2021/05/31 12:59:26 | 文字数:614文字 | 閲覧数:38 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

頬撫でてる 花盛る
雨は止んで 白へ吹いている

夏と冬で 逆になっていく
私いつも迷っている

今でも過去を刻む時計の変わりが欲しいよ
ずっと ずっと 言葉にできない君のいた空

季節 めぐって めぐって どうしようもないよまだ
君へとつながる色は
蒼く 蒼く 風を食って空へ舞った 遠くへ行かないでよ ねえ
変わって 変わって うららかだった過去は
都会の路地で咲いている
まだずっと ずっと それは君の蒼さなんだ

駅へとつながる 記憶重なる
知ってる気がする 青葉の匂い

たった一つ 変わらないものが
鞄の中 くすみかけてるよ

今一度 無くしたものたちを拾い集めて
感じたかったんだ 形にできないままの君へのことば

思考 奪って 奪って 取り戻せないよまだ
君へとつながる日々は
蒼く 蒼く 清らかな空へ舞った 何処かで待っていてよね
変わって 変わって はらはらと落ちた未来が
この街で繋がっている
まだずっと ずっと ずっと大切なものなんだ 君が揺らめく

眠れない夜は 朝焼けが嫌い ベットに閉じこもって
忘れてしまうのが どうしようもなく怖かった

季節を めぐって めぐって どうしようもないよまだ
君へとつながる色は
蒼く 蒼く 風を食って空へ舞った 遠くへ行かないでよ ねえ
変わって 変わって うららかだった過去は
都会の路地で咲いている
まだ ずっと ずっと それは君の蒼さなんだ 君の蒼さなんだ

音楽を作っています。ご自由に使ってください。
<外部リンク>
Twitter:https://twitter.com/okakiamakara
you tube:https://www.youtube.com/channel/UCgx3x_IkAzbzjwR6YgSYJwg/featured
niconico:https://www.nicovideo.jp/my/?ref=pc_mypage_menu

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP