ゆうなぎとライオン

投稿日:2020/08/04 21:55:12 | 文字数:431文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

tezzyさんに曲をつけていただきました!
https://nico.ms/sm37267212?ref=other_cap_off

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

気高いいきもの
そうやって
すこしずつ遠巻かれ
嘘もなんとやら

だれにも言えない
どこにも吐けない
グレーのもくもくに
すこしどろんする

花のひとつも
うまく生かせないで
ごめんね

それでも
ぼくになれてよかった

夕凪、焦がれたひみつ
ゆらゆら
なにに変わる?
なびいて
なじんで
夏に触れる
たてがみ

夏に生まれたの
それなのに
まぶしさにてんで弱いの
まいるなあ

だれにもなれない
どこにもいけない
レモンのしゅわしゅわに
すこしあずけます

凝り性 でも、飽き性
花はとおくから
めでるもの

それでも
きみにあえてよかった

夕闇、拗れたなみだ
ふらふら
なにに変わる?
もぐって
さけんで
夏に染まる
たてがみ

あめ色 きれいな石には
嫉妬がひとさじ
水銀灯に透かして舐める
きょうも

夕凪、焦がれたひみつ
ゆらゆら
なにに変わる?
なびいて
なじんで
夏に触れる
たてがみ

うまれかわっても
話がしたいね
たぶんまたきっと
夏生まれ

cat nap の詞とねこぜを担っています。
ここに載せているものに曲をつけていただける際はお手数ですが事前にお知らせください。
ついったー@kirin_no_tom

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP