宵桜幻想物語

投稿日:2013/03/17 20:30:30 | 文字数:561文字 | 閲覧数:79 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

桜、浮世、どちらも移ろっていくのです。
和風って素敵。

あの有名な言葉からインスピレーションを。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も


ひらり はんなり 舞い散って
赤い 傘の 上 滑り落ち
黒い 荒土(こうど)に 吸い込まれ
しんと 姿 消してく


桜の木の下に 何があるというの
何方(どなた)に 尋ねても だんまりを
決め込む 何故かしら


宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も


浮世 移ろい 流れてく
それは 風の 仕業なのだと
幼き頃に 教えられ
ただ 身 任せ 生きてく


桜の花弁は 何故(なにゆえ)に 桃色
何方(どなた)に尋ねても だんまりを
決め込む 何故(なぜ)かしら


宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も


宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も


宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も


人の世も 桜も


宵桜 魅せる 幻想が
いつぞの 姿を 映し出す
凡て(すべて) 何れ(いずれ) 朽ち果てる
人の世も 桜も



のほほんと過ごしております。
好きなことは創造すること。
色んな世界を生み出して、発信できるって素敵です。
お仕事しながら空いた時間でふよりと更新。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP