夕立ちに降られて

投稿日:2019/07/26 23:27:07 | 文字数:404文字 | 閲覧数:108 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

風に色をつけるなら夕焼けの色がいい。
手放した夢を輝かせるから。
雨に色をつけるなら、どうか涙の色にしてください。

――心残りの数だけ、人は優しさを覚えるのだろうか。

あるせれさんの楽曲(https://piapro.jp/t/Td7P)に投稿しました。

ver.1にひらがな版のテキストを記載しています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏の日暮れは
きらめきの残り火
無上の愛をくれた
人はもうない

僕の手をつないで知らない世界
教えてくれたね
君なしでは歩けなかった道を
今はひとり ためらいがちに歩く
風の十字路 旅の途中で

(嗚呼) 夕立ちに降られてばかりです
大人になっても
ため息を知らなかった日々が
涙に変わる

夢のかけらが落ちては拾い
遠回りしてきた道の名を
人生というのか

思えばいつも失敗ばかり
積み重ねてきた
目を閉じればよみがえる思い出が
きれいなのはあの日からもう一度
やり直したいと願ってるから

(嗚呼) あといくつ後悔するだろう
大人になっても
またひとつ季節がめぐるたび
黄昏が来る

遠くから聞こえるは祭り囃子
夕闇の中 名もない風が
つぶらな向日葵にそよぐ

(嗚呼) 夕立ちに降られてばかりです
大人になっても
願わくは君の心までも
濡らさぬように

今でも夕立ちに降られてばかりいます
言葉もなく

絶賛作詞しかやってない活動中の蓬莱です。
「歌詞募集」での作詞がメインです。

自由気ままに、好きなようにいろいろ書いています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP