夏掛けの群青

投稿日:2018/05/01 00:35:04 | 文字数:658文字 | 閲覧数:269 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

作詞作曲編曲/ちいたな
BPM195

生きるから 強く生きるから
あとちょっとだけがんばってみようかな
逃げるから たまに逃げるから
どうやったって明日はやってくるのに

消えたいな 全て捨てたいな
間違っちゃいない それはわかってる
飛びたいな 空を飛びたいな
叶わない願い事 絵空事

あと一歩あと一歩
そう言って 季節は巡って
作り笑いの歌

何も見えない夜 遠く光る月
誰のため
水無月予防線 虹架かる空
僕のため
脳裏に焼き付いた君は今でも
泣いてるの
雨が降る夏の遠吠えに怖気づいた
それだけじゃないんだよ

冷たいな 君は冷たいな
夏の日差しも冷やしてくれないか
走るから 速く走るから
ちゃんと見てほしいな 僕のこと

ありもしない御伽噺
夢見模様
月明かりは消えた


夕立 噎せ返る炎天下の船
誰の声
蛍灯 青時雨 水草の花
君の声
空梅雨と陽炎 盛夏を跨いで
どこ行くの
ほろ苦い夏の憧憬に嫌気さした
止められないんだよ

会いたい夜には君がいて
会えない夜には君がいて
今宵は朝まで語ろうか
眠気覚ましに手を繋いだ
想像したんだ何回も
終わらない世界を
君と物語を描いて

悲しみも痛みも後悔も全て
僕のばね
喜びも誓も温もりさえも
僕の種
あの日言えなかった本当の気持ちは
胸の奥
二度と取り出せないように鍵をかけた

何も見えない夜 遠く光る月
誰のため
水無月予防線 虹架かる空
僕のため
脳裏に焼き付いた君は今でも
泣いてるの
雨が降る夏の遠吠えに怖気づいた
それだけじゃないんだよ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 夏掛けの群青(-3)

    by ちいたなさん

  • 夏掛けの群青(+2)

    by ちいたなさん

もっと見る(3)

▲TOP