細哀の虫

投稿日:2017/03/19 08:42:07 | 文字数:270文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ささらえのむし

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雪を背負いよたりよたりと
濡れた道を歩く
雨粒ひとつで
簡単に死んでしまいそうな虫

ああ僕に似ている
泣きたいほどに
それでも生きようと
彼は足掻く

君に未来などないのに
諦められないと言うのか
ああそれならばいっそ
潰してしまおう

重い足を持ち上げ
真上から落としただけで
抗いようもなく
それはあまりにも簡単に潰れた

潰れた瞬間さえも
感じ得ないくらいに
小さなものを
私はこの鈍い足で

ああ あまりにも簡単で
簡単すぎたそれは
罪悪感さえも生まれることなく
光などどこにもないと
気付いてしまった
息をする事さえ今は
空しい

御覧頂きありがとうございます。
ボカロで遊ぶのが趣味のあめちぇでございます。

絵とか動画とか作って頂けるとすごい嬉しいです。
私が作ったものは自由に使って頂いて構いません。
むしろありがとうございます。
基本暗い曲ばかりでアレですが…。

【twitter】@Ameche_dayo
【ニコニコ動画マイリスト】mylist/45387234

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 細哀の虫

    by あめちぇさん

▲TOP