猫のボクとキミの話

投稿日:2012/11/10 15:25:50 | 文字数:384文字 | 閲覧数:149 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

ミクさんの話です!
ミクさん猫がキミを助けるために色々となんかをする話です。
初心者が作ったから、多分面白くないと思うんですが!
最後までてゆうか、途中まででも読んでもらえたら嬉しいです!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

プロローグ

ねぇ、ボクはキミと会えて……本当に幸せな時間(とき)を過ごせたよ
もう、ボクはキミには会えない……
本当はもっとたくさんのありがとうをキミに伝えたかったんだけど……無理だね(笑)
ボクがこの世からいなくなっても、わすれないでください
今までありがとうっ……
バイバイは言わないよ……っ


あぁ……あれからどれだけの時間がたったのだろう
……うっ、ここはどこ?
なんだか暖かくてフワフワだぁ……
「あっ!起きた?」
えっ?
「お前ね、あそこで倒れてたんだよ」
そうなんだ!どうもありがとう!
「にゃぁー!!!」
あれ?今の声は、何?なんだろ…気のせいだよね!
「にゃあっ!……うにゃぁーっ」
「お前どうしたんだ(笑)?カワイイな」
猫になってるよね!!どうしてぇ!
「どうしたんだ?

煉汰ともーしますっ!!!初音ミクがめちゃくちゃすきですっ!
クラスではしゃべる人がいないんだよね。゜(゜´Д`゜)゜。
最近小説書くことに興味を持ちましたっ┌(┌^o^)┐
こんな……僕だけどなかよくしてくださいですっ(・∀・)
  ┌┐
  / /
./ / i
| ( ゜Д゜)
|(ノi  |)
|  i  i
\_ヽ_,ゝ
  U U

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP