クジラのいる水族館

投稿日:2020/11/25 12:28:55 | 文字数:328文字 | 閲覧数:251 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

クジラのいる水族館で黒服の男が踊り出す
まるで誂た見世物のように生きるさまを演じながら

そこまで歌い掻き鳴らしたピアノ
つかの間の恍惚から目覚め果てのない現実に引き戻される ララ

明日になればラララ・・・

終るとラララ・・・

担ぐ声にラララ・・・

震えながらラララ・・・

答えは限りなく0に近い
もがいて見つかる明日なんてないと知った
嘲笑うカゲがある限り何も訪れやしないのさ

海に溺れながら泳いでいく魚が横切り
私は取り残された
まるで答えも見つけられずに

クジラのいる水族館で黒服の男が踊り出す
まるで誂た見世物のように生きるさまを演じながら

そこまで歌い掻き鳴らしたピアノ
つかの間の恍惚から目覚め果てのない現実に引き戻される ララ

最近音楽を齧り始めました。
まだまだ勉強中です。
よろしくおねがいします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • クジラのいる水族館

    by kimura433さん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP