『篭女歌(かごめうた)』

投稿日:2008/10/17 23:06:55 | 文字数:236文字 | 閲覧数:177 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

かごめ歌をモチーフに少し不思議な感じで描かせていただきました。
元々、私のところにいるカイトに歌ってもらうつもりで書いたものだったりします。

改変等はご自由にどうぞです。
カッコ内はルビとなっておりますが、そちらも読み方を自由に変更していただいて構いません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

地に落ちる太陽(ひかり)

月光りが陰(かげ)を生み

闇がニヤリと笑う

「後ろの正面は誰?」


沈む月(ひかり) 昇らぬ太陽(ひかり)

闇に潜む陰

怪しく響く笑い声

「最後に残ったのは誰?」


篭女(かごめ) 篭女(かごめ)

「ねぇ」

篭の中の鳥は

「逃げるの?」

いついつでやる

「無理だよ」

夜明けの晩に

「だって コレは」

鶴と亀が滑った

「キミだから」

後ろの正面だあれ?

「さぁ」

後ろの正面

「ミツケタ」

見ては駄目

詩っぽい歌詞ばかり投稿してますが、本来は絵描きです。
音楽やボカロたちの使い方は鋭意勉強中です。


此処に投稿している作品は何処かに名前表記さえして頂ければ、
ご自由にお使いくださって構いません。
名前は『神宮寺遊風稜』でとなっていますが
『神宮寺』や『遊風稜』『ゆせみ』等に省略していただいても構いません。
歌わせる以外にも、イラスト、漫画への使用ご自由にどうぞです。
歌詞内容を作品にあわせて改変することもモチロンOKです。

連絡無しでもかまいませんが、連絡して頂けると喜んで見に覗います☆
メッセージ等を戴いた場合は基本的に2、3日でお返事できるかと思いますが、
時折遅れることもあります。

・・・何か、書いている文章を読むと堅苦しく感じるかもしれませんが、
基本的にノリは軽いです。
気軽に声をかけてやってください。


『家の子達』
KAITO
重音テト(UTAU)
鏡音リン(ACT1)
鏡音レン(ACT1)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP