長雨に青い傘

投稿日:2019/05/14 22:39:23 | 文字数:292文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

長雨降り続いた
幼い日の
グレイの景色

君から差し出してた
青い傘に
二人で入る

君の傍優しすぎたから
神様がくれたと本気で信じてたけど

これは運命じゃないのでしょう
切れかけた糸を何度
結びなおすほど儚すぎた
こんな脆い絆は

時間が過ぎるほどに
切なくなる
傘の距離に

君すら違う人に
見えてたから
一人で泣いた

想い出を消せないのならば
痛みごと全てを大事に…そうできたなら

これは愛などではないのでしょう
けれど恋よりも深く
哀しいくらいに儚すぎる
これを何と呼べるの

冷めた雨を避ける傘はもうなく
切れかけた糸を何度
結びなおしても儚くても
今はつなぎ留めたい

作詞してます。
情景が浮かぶ事、分かりやすい事、絵コンテしやすい事等を気をつけています。
音楽素養が無いので作曲は脳内でしかできていません。
選考に漏れたり余っている歌詞に曲をつけてくれる方がいたら嬉しいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP