一つ屋根の恋

投稿日:2016/01/25 12:03:59 | 文字数:638文字 | 閲覧数:151 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

惜別

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

恋しいと噤む言ノ葉
ヒラヒラ散る一片
袖時雨 梢を伝い 椿は花開く

山紫水明の湖畔に咲く待宵
水鏡 映す 彼の日の約束

秘めやかに固く結わいた
惜別の汀 指切
片時雨 ぽつりぽつりと
止まずに 此の儘…

貴方が差し出した
嗚呼 一つ屋根の下で

光の梯子で天の河を降れば
星の夜を享けて蕭索はせせらぐ

嫋やかに指を解いて
惜別の間際 接吻
灑涙雨 二人の隙間
流れて埋めてゆく

名残り愛しんだ
掌で傘を作って
傍を離るる背を

嗚呼…

恋しいと噤む言ノ葉
ヒラヒラ散る一片
袖時雨 梢を伝い 椿は花開く

貴方だけが居ない
一つ屋根の下で





こいしいとつぐむことのは
ひらひらちるひとひら
そでしぐれ こずえをつたい つばきわはなひらく

さんしすいめいの こはんにさくまつよい
みずかがみうつす かのひのやくそく

ひめやかにかたくゆわいた
わかれのみぎわ ゆびきり
かたしぐれ ぽつりぽつりと
やまずに このまま

あなたがさしだした
ああ ひとつやねのしたで

ひかりのはしごで てんのかわをくだれば
ほしのよをうけて しょうさくわせせらぐ

たおやかにゆびをほどいて
わかれのまぎわ くちづけ
さいるいう ふたりのすきま
ながれて うめてゆく

なごりおしんだ
てでかさをつくって
そばをはなるるせを

ああ

こいしいとつぐむことのは
ひらひらちるひとひら
そでしぐれ こずえをつたい つばきわはなひらく

あなただけがいない
ひとつやねのしたで

※作詞をしております。すいといいます。
 基本的には歌詞募集の作品に応募しています。

※作詞の依頼、コラボ大歓迎です。
 詞先、曲先問わずお気軽にメッセージください。

※曲募集中の作品について
 ↓こちらにまとめました↓
http://piapro.jp/collabo/?view=collabo&id=21728

Twitter
https://twitter.com/sr_0722
関わったもの
http://www.nicovideo.jp/mylist/12847334

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】栗落花の雨【オリジナル】

    by ロカルツPさん

▲TOP