りんと、未来へと。

投稿日:2009/12/13 20:22:52 | 文字数:288文字 | 閲覧数:71 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


あの頃の青い想いはけして、無駄じゃなかったんだ
幼かったあの頃、叫んでたのは無責任な自由
大人になって 自由を語るには 責任が必要だと知った

幼いころの悲鳴はけれど、大人になった今の自分にこそ、必要なのではないかと思った。


仕事 いきたくねー…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



紅い夕日が
この空を染めて
明日を告げる
鐘を鳴らす 
どこまでも

私は今
迷路の中で
さまよいながら
明日を 信じ
夢を 見る



ママも知らないんだよ
私の 宝物 どんなものなのか
私は子供じゃない


ああ
子供じみた
夢だと笑わずに
ママだって同じ
夢みてたでしょう、ね



幼すぎたわ
まだなにもしらずに
夢を語ること 
夢中だった
ママもそう

自分の未来なんて
簡単に 考えてたの
夢に夢中で
ああ
現実なんて 見えもしなかったわ
宝物は煌めいて 音になったわ
ああ

あの頃の夢
ママも知らないの
ただの夢じゃないわ 
現在を奏でる 鐘の音





言葉が主食です(゜-゜)
嘘です(゜-゜)

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    あけましておめでとうございます。
    お借りする歌詞が決まりましたので、お知らせします。
    下記URLメッセージ欄にて報告させていただきました。
    http://piapro.jp/content/a3ehktbk3mq95p42

    2010/01/06 21:46:20 From  ぐり

  • userIcon

    ご意見・感想

    モヌス様、初めまして、ぐりと申します。
    歌詞の応募ありがとうございます。
    年明けの結果をお待ち下さい。

    2009/12/14 23:29:06 From  ぐり

▲TOP