アポロジーと散らばるメモリー

投稿日:2020/07/04 19:06:26 | タイム/サイズ:04:31/(8,484KB) | 閲覧数:56 | カテゴリ:ボカロ楽曲

ライセンス:

ローファイでシンプルなヒップホップのような感じの曲です。

歌詞

幼い眼差し 小さな電車に揺られながら
懐かしく思い出す肩を寄せたぬくもり
何気なく暮らしたあの頃と違う街の空は
ぼんやりと漂ってる黒い雨雲が流れる

生まれた場所 帰れないと
渡り鳥がハラハラしてる
待ちくたびれるからもう帰るよ
閉じた傘を開く音が幕を降ろす

アポロジーと散らばるメモリー
近づくほど離れて消えてしまう
失くし物は探さないよ
胸の中に沈む時の針が戻らぬように

流れる時代に置き去りにされたメイン通り
街角に住み着いた白い子猫を撫でる
路地裏の安らぎ
ありふれた暮らし感じながら
ため息で語り合うそれぞれの日々が流れる

砂だらけの羽を広げ
渡り鳥がざわざわしてる
乾いたアスファルトなぞるように
低空飛行
淡い夢もいつか終わる

アポロジーと散らばるメモリー
やり直しのできないパズルのように
預けたもの捨てていいよ
生きるための嘘も必要なこと気づく

アポロジーと散らばるメモリー
近づくほど離れて消えてしまう
失くし物は探さないよ
胸の中に沈む時の針が戻らぬように

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

幼い眼差し 小さな電車に揺られながら
懐かしく思い出す肩を寄せたぬくもり
何気なく暮らしたあの頃と違う街の空は
ぼんやりと漂ってる黒い雨雲が流れる

生まれた場所 帰れないと
渡り鳥がハラハラしてる
待ちくたびれるからもう帰るよ
閉じた傘を開く音が幕を降ろす

アポロジーと散らばるメモリー
近づくほど離れて消えてしまう
失くし物は探さないよ
胸の中に沈む時の針が戻らぬように

流れる時代に置き去りにされたメイン通り
街角に住み着いた白い子猫を撫でる
路地裏の安らぎ
ありふれた暮らし感じながら
ため息で語り合うそれぞれの日々が流れる

砂だらけの羽を広げ
渡り鳥がざわざわしてる
乾いたアスファルトなぞるように
低空飛行
淡い夢もいつか終わる

アポロジーと散らばるメモリー
やり直しのできないパズルのように
預けたもの捨てていいよ
生きるための嘘も必要なこと気づく

アポロジーと散らばるメモリー
近づくほど離れて消えてしまう
失くし物は探さないよ
胸の中に沈む時の針が戻らぬように

もっとみるLyrics by ツカモンさん

はじめまして。
マイペースに曲をたくさんつくっていきたいと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/34

  • Gravity -instrumental-

    by Atoriさん

  • ジャスミンの言葉

    by malkaさん

  • Gravity

    by Atoriさん

  • Soar

    by minato_kさん

  • 【絵師、動画師募集】 残夏

    by 【絵師、動画師募集】のんびりと一緒に曲作りしませんか?

  • アイディスマイル / offvocal

    by とあさん

  • 爆笑(カラオケ)

    by syudouさん

  • フロムトーキョー_Drum_BPM130

    by 7246さん

  • フロムトーキョー_other_BPM130

    by 7246さん

  • 独りんぼエンヴィー (off vocal)

    by koyoriさん

もっと見る

▲TOP