赤い鼻の先 少しツンと染みてく坂道
冷えた短い呼吸に 逸る気持ち乗せて
向かう駅前の影に 君を探して急いだ
止めた自転車のサドル 白い模様描く

 雪の降る街 今日は君に会えるから
 いつも通りの改札に高鳴る


あの日の僕より少し 大人になれた気がして
君に話したいことと 時計をまた数え
歌う駅前の声に 君を重ねて聴いては
早く会いたい気持ちが 白い息に変わる

なぜかいつもごまかしてた「好き」を伝えよう
別れ際に切ない顔で帰さないと決めた

 思い出の街 今日は君の笑顔だけ
 いつも通りの景色を変えてゆく


 雪の降る街 今日を特別な色で
 幻想のように もっともっと染めて

 日が沈む街 今日はここから始まる
 並木通りに 光が灯り出す

 雪の降る街 列車を降りる人たち
 改札越しに 手を振る君がいる

ライセンス

  • 非営利目的に限ります

(歌詞)雪の降る街【ジカオ オリジナル曲】

閲覧数:38

投稿日:2023/12/01 16:36:19

文字数:360文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました