桜とお城さん

桜とお城さん

ric40

アラフォーです。

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

ホワイトデーの一撃2

ホワイトデーの一撃 2  紫の長髪がさらりと動いた・・と思うと、がくぽが隣に座っていた。  「言いたいことならばある。」  やっぱり、とルカは拳を握り、非難の言葉を覚悟する。  「まず・・ルカ殿は本当は優しい人だ。だから自分がイヤになったりするのだ。言われた方の痛みをきちんと感じ取ることが出来る故。」  「・・?!」  「それに何も出来ない、と言うが、そんなことはないし、できぬことはできるまで努力する。あのチョコケーキが良い例だ。ミク殿とリン殿が、それは必死で練習していたと教えてくれた。」  「・・余計なことを・・」  「だから、その気持ちに応えたくなる。英語も話せる完璧な才色兼備の女性の顔の裏で、なお、自分を高めようと何事にも手を抜かず努力を重ねる、その気持ちに。」  「それぐらい、誰でもやってるわ。」  「そう思って、一人で頑張りすぎるのだ、ルカ殿は。」  「頑張り・・すぎ・・?」  「高い目標を設定し、一人でもがき、できないと自分を責める。ケーキのときのように誰かに頼れば良いのに、それをしない。」  「そんなことない・・」  「ある。皆、ルカ殿の日頃の態度に惑わされ、ルカ殿が悩んでいるのに気づかない。だから、それがしは手をさしのべたくなる。もっとも、それがしもこうと気づくのにだいぶかかったが。」  「・・・・」  「その手を取って、支えてやりたいのだ、ルカ殿。」  「そんなの、要らないわよ。」  と、たこルカが動いた。そっと伸ばした触腕がルカの手を取り、がくぽの手のひらに乗せた。  「な、何するの!」  あわてて手を引こうとするルカの背中に、今度はたこルカが光速で蹴りを入れた。  「痛あぁっ!!」  はずみでがくぽの腕の中に飛び込んだルカの後ろから、たこルカがなにやら説明する。  「何、バレンタインデーの件で泣いていたというのか!」  「泣いてない!全然泣いてない!ちょっと、離して・・」  暴れるルカを抱く腕にさりげなく力を込めながら、がくぽは言った。  「そうか、では詫びねばならんな。愛する女性を泣かせるというのは武士の掟に反する。」  「そんな掟ないでしょ!無駄にお気遣いの紳士!」  「そうだ、ホワイトデーのプレゼントを何にしようか迷っていたのだが・・」  「要りません、そんなもの必要な・・んっ!」  まただ、とルカは思った。  また、取り乱して隙を作った。  (修行が足りないわ・・)  がくぽの唇が離れるまで、そんなことだけを一生懸命考えていたのは、強がりか、照れ隠しか・・    「和服だから、こんなことないと思ってたのに。詐欺だわ、この男。」  「“こんなこと”とは何のことであろうか。」  「うるさい!白がくぽだと思ってたのに、真っ黒じゃない!質悪い!」  「グミも勘違いしていたが、服ごときでそれほど性質は変わらん。で、“こんなこと”とは何であろう?ルカ殿の口から直接聞きたい。」  「そ、そんなの言えるわけない!清らかな笑顔で、何言わそうとしてくれてるの?!」  「震えているではないか、これは暖めねば。」  「あっ・・」  後ろから抱きしめると、淡い花の香りがふわりと立ち上った。  「良い香りだ。」  「匂いをかぐなっ!ちょ、いや・・耳にさわらないで、その手の位置もおかしい・・!」  「ではこちらに。」  「ずらすな!」  「うーむ、この程度の惚れようでは、ホワイトデーの返礼にはならぬか。」  「するな!」  「今少し熱意を込めねば・・」  「込めるな!!」  つっこみの連続に息を切らせながら、ルカは毒づいた。  「たこルカ・・よくも私を売ったわね・・あとでメイコに酢でしめてもら・・だから、耳とか首とかそんな風に・・やめ・・黒い!黒すぎるわ、あなた!!」  「人は多面的なものだ。白黒二分することは出来ぬ。それに・・」  がくぽはにやりと笑った。  「それがしのイメージカラーは紫なのでな。」  「なっ・・」  二の句が継げないルカを見ながら、がくぽは心の中でつぶやいた。  (グミよ、これでも兄はMか?)  ルカが帰宅したのは、夕方だった。  夕食前だがメイコが帰らないのをいいことに、ミクとリンが“たけ●この里”などポリポリ食べている。リビングのテーブルの上には板チョコやチョコ菓子が山になっていた。  「おかえりー、ルカ姉。ホワイトデー用にレンが買ってきたんだけど、食べる?」  ルカはちらりと見やっただけで、足取りも重く2階に去っていった。代わりにたこルカがポッ●ーをつまんだ。  「ねえ、たこルカちゃん、ルカ姉どうしたの?すごい、やつれてたんだけど。」  ミクに聞かれたが、たこルカはかぶりを振った。  「え?わたしは何も見てないし、聞いてない、知っていたとしてもしゃべらない・・?何それ!」  「逆に気になる!何があったの?ちょっと、教えて!」  ミクとリンの抗議を無視し、たこルカは達成感に満ちた表情でポッ●ーを食べていた。  <追記:たこルカ、記憶を反芻する>  『・・自分で言いたくないけど、英語も話せる才色兼備の設定はちょっと・・その、自信があったのよ。メイコと違う大人の魅力のクールビューティで押すつもりだったのに。』  『ふむ。』  『なのに、2,3ヶ月の差で先にいたあなたは・・なんかキャラがかぶってるというか・・なんなのよ、こいつ、男のくせに私より綺麗?って。で、頭にきて。』  『な・・なるほど。』  がくぽ苦笑。初見から嫌われた理由は意外と子供じみていた。

 これも重複覚悟で投稿してみます。お姑さんに聞いたけど、実はうちでも棒鱈はあまり食べないんですね~。
投稿日時 : 2013/10/06 21:02

最近の投稿作品 (20)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP