ラブ・ラビリンス

投稿日:2019/02/16 00:08:54 | 文字数:450文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

曲に合う歌詞を考えてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ラブ・ラビリンス」


思い切りこぎ出してく 夜が残る冷たい風の中
2つの輪っかくるくる 心も乗せ坂を下りていくの

すれ違うだけで嬉しくなるんだ
キミの眠たそうなあくびと
たったそれだけで きっとそれだけで
今日が幸せになってしまう


照れくさくって 震えて
焦りすぎて 泣きそうで
こんな私じゃダメ キミに似合わない
叶わない想いだけ 届きそうだな
隠しておきたいのに なんでなの
これ以上はいいの 気づかなくていいの
触れたくなっちゃうよ 好きなんだ



大きく深呼吸したら 息が胸が詰まりそうになった
朝の空 月くるくる 迷ってるの?まるで私みたい

すれ違うだけで十分だったの
キミの鼓動知りたいなんて
もうそんなことを 妄想するほど
夢中になってしまったんだよ


伝えたくって 熱くて
話したくって 泣きそうで
こんな私にも チャンスはあるのかな?
叶わない想いだけ 溢れ出してる
隠しておきたいのに なんでなの
一度だけでいいの 一瞬だけでいいの
触れてみていいかな 好きなんだ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP