アリス・イン・メトロ

投稿日:2019/02/13 00:36:49 | 文字数:1,451文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

人様の楽曲で書かせていただいた詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぼんやりとして新しい とても明るく暖かい
ベーコンの油跳ねる音 こんがり卵と舞うエプロン

トースターが遠くから そろそろ起きろと笑うから
焦げたパンお手玉して バターと蜂蜜を塗っていく

とても綺麗な朝だね
もう昼だよなんて
いつものやり取りだね
小さく笑った

一度も実をつけなかった
着飾ることも出来なかった
小さな木に芽吹いた
今はまだ小さなオレンジ

実がつけば蝶も舞うはず
何時かには花も咲くはず
いつ終わるか分からない
幸せはどこまでも続く

どこまでも続くものと そう信じていた先は無い
音を立てて切れた糸 縒り寄せたのなら元通り
溶け合った夢の中で そして目を覚ましてみれば
解けては結び直して そしてとうとう千切れてしまう

残ったものの全て
このバッグに納まった
たったのこれだけだった
納まってしまった

涙は零れ落ちない
ただバッグを抱きしめてた
ただただ人の顔が
現れ消えていくのを見てた

あの大きな穴の奥
紙切れに書かれた時間
あそこから目が眩む
明りが挿して僕は消える


何かが作られている
何なのか分からないけど
暖かさ残る水
後は少し入れすぎた塩


ただ光を浴びすぎた
忘れさられたオレンジは
甘すぎる香りの中
まだ枝にぶら下がったまま

==========================かな割り==========================

ぼんやりとしてあたら し とてもあかるくあたた かぃ べー
こんのあぶらはねるお と こんがりたまごとまうえぷ ろん

とー すた あがとおくか ら そろそろおきろとわ らぅ か ら
こげたぱんおてだまして ばたあとはちみつをぬ ていく

と ても きれ いな あさ だ ね
もお ひる だよ なん て
い つも のやりとりだ ね
ちいさ く わらう

い ち ど も み を つ け なかっ た
きかざ る ことも でき な か た
ち い さ な き に め ぶ い た
いまは ま だ ち い さ な お れんじ

み が つ け ば ちょう も ま うはず
いつか に は は な も さ く は ず
い つ お わ る か わ か ら な い
しあわ せ は ど こ ま で も つづく

どこまでもつづくものと そうしんじていたさきはない
おとをたててきれたいと よりよせたのならもとどおり
とけああたゆめのなかで そしてめをさましてみれば
ほどけてむすびなおして そしてとうとうちぎれてしま う

のこ たもののすべ て
こ のば ぐに おさま あ た
た たの これ だけ だあ た
おさま て しまう

な み だ は こ ぼ れ お ちない
ただば あ ぐ を だ き し め て た
た だ た だ ひ と の か お が
あらわ れ き え て い く のぉ みてた

あ の お お き な あ な のおく
かみき れ に か か れ た じ か ん
あ そ こ か ら め が く ら む
あかり が さ し て ぼ く は きえる


な に か が つ く ら れ ている
なんな の か わ か ら な い け ど
あ た た か さ の こ る み ず
あとは す こ し い れ す ぎ たしお


た だ ひ か り を あ び すぎた
わすれ さ ら れ た お れ ん じ は
あ ま す ぎ る か お り のなか
まだえ だ に ぶ ら さ が あ たまま

ヱビスと焼きたてのベーコンエピは筆舌に尽くしがたいほど相性が良いと言う事はあまり知られていない。しかし目の前にあるベーコンエピが焼きたてかどうかは袋に入れられて手渡されるまで分からない。そういうジレンマの中で生きてる。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP