八釜しの国

投稿日:2015/07/16 22:19:31 | 文字数:830文字 | 閲覧数:1,699 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

八釜しの国の歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

二六時中、取り巻く喧噪が、頬を撫でるそよぎのなか隨に舞った
可成り懶さに歌う聖歌隊、頓痴気な列をなし歩く言葉
錻力を戛々打つ通り雨が錆びた風の余波のなか矢庭に降った
雨に濡れるのも厭わず歩く、願を懸けるように傘を閉じて
            

いつか終わりはくるんだ。その希望にひたすらに縋った。
食うや食わず集めた一滴の夢で花々、千々に代々に咲き乱れて、夢違うこの国を彩って


カン・ヤ・マ・カン。鳴り響くはじまりの台詞。僕らは
楽しいのか恋しいのか悲しいのか寂しいのか
わからないような物語の中で、溢(あぶ)れた感情に目を瞑って踊る人形だ 


終日(ひねもす)釘を叩く鎚の音、引きも切らぬ歩みのなか轟に鳴った
非道く野放図に走る車の騒音で抜け落ちた言葉を探した。
広告電燈吐き散らす嘘、夜の目も寝ずに喋る街に耳を塞いだ
か弱い言葉は埋もれて消えた。伝わらない八釜しの無言劇(パントマイム)

変わらない世界恨んで、変われない自分を許した。
云うに云えず積み上げたあの日の言葉よ遍く其処に此処に散らばっては幸(さきわ)うこの国を壊して


カン・ヤ・マ・カン。響き渡るはじまりの歌。僕らは
愛しいとか嬉しいとか苦しいとか泣きたいとか
なみなみと注(つ)がれた物語の中で、零した感情を見失って惑う旅人だ

砂を噛むこの旅は続いてくようだ

甲乙(だれかれ)泣いて生まれてくるのは選べない世界を呪ってるからだ
本当に今が仕合わせなのかい?望まない舞台で踊ることが?

カン・ヤ・マ・カン。鳴り響くはじまりの台詞。僕らは
楽しいのか恋しいのか悲しいのか寂しいのか
わからないような物語の中で、溢(あぶ)れた感情に目を瞑って踊る人形だ 


ステテレカン。錻力叩く五月蝿い行進
僕らは嬉しい時笑いたいし、悲しい時泣きたいけど
遅れないように足並みを揃えて自分の感情に嘘をついて歩く兵隊だ

八釜しいこの日々は続いてくようだ

オリジナル曲作ってます。

ブログ 

http://ameblo.jp/a-march-hare

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP