火ノ花香

投稿日:2015/10/16 21:37:14 | 文字数:110文字 | 閲覧数:80 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

Maharo さん
http://piapro.jp/t/0pTb
に応募した歌詞です。

幻想的な曲とタイトルから、灯篭流しをイメージしました。
曲の雰囲気を壊さないためにも、極端に感情移入しない様に無常感を出したつもりです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朱く光る方舟
緩やかに辺り照らす

花香る風に誘われて
夕暮れに流すは灯籠

遥か岸の向こう 辿り着く舟よ
夏の夢の終わり 水の上浮かぶ

朱く連なる灯火
運ぶ想いは人の情

朱く揺れる幻
水に映えるは花の様

見届けて

私の歌詞を読んで下さったすべての方へ感謝。

誰か1人の心に深く刺さる歌詞を書きたいと思っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP