麦わら帽子

投稿日:2015/09/02 21:14:50 | 文字数:408文字 | 閲覧数:733 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

麦わら帽子の歌詞です!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

麦わら帽子

短く切りすぎた前髪を揺らす風
誰かの面影麦わら帽子
被ればあの日の僕の手を引く
優しい1番会いたい人

タバコ屋の角に毎年咲くひまわり
背比べしてたいつか勝ちたいな
線香花火の匂いが残る
公園を抜けて帰ろう

今日は大好きな唐揚げ
お帰りの声は昨日が最後

夏休みセミの音が 
ほら今胸を焦がしていくよ
茜空カラス鳴いてほらもう家に帰らなきゃ
手を惹かれて歩く

車の窓から海の風が吹き抜け
早起きしたから少し眠たいな
ウトウトしてたら眠りに落ちて
気づけば部屋ベットの上

細い腕で僕の体
抱きしめてくれたぬくもりをもっと

夏が過ぎよれたTシャツ
ほら見て1人でたためたんだ
宿題もちゃんとやるよ
ほらもう心配しないで
1人で帰れるよ

ありがとうさようならも言えなくて
ねぇ僕の手を引いてよ

夏休みセミの音が 
ほら今胸を焦がしていくよ
茜空カラス鳴いてほらもう家に帰らなきゃ
手を惹かれて歩く

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました!

    2015/10/17 22:07:41 From  sume_red

もっと見る

▲TOP