宝石の種【曲募集】

投稿日:2016/12/14 13:25:24 | 文字数:547文字 | 閲覧数:239 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

もし忘れたとしても、僕はいつかこの輝きを思い出す。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『宝石の種』

A)小さいころから 譲れないものがあった
否定されたくなくて ずっと隠してきたの 

B)これは僕のもんだ 悪戯されないように
大事に握ってた 僕だけの種さ
土に埋まってても そんなの一時と
晴れの日を待ち侘びている

sabi)嗚呼 あの宙に届くまで
僕らは夢を見るのだ 
胸が 苦しいけど幾度も
季節を越えてゆくのだ

A)何年も経てば 考えることもあるさ
いつか諦めちゃうって 奥の奥隠したの

B)これは選択肢だ 出されたカードには
キングのマークなど どこにもないから
「やりたいことってなあに?」「自分らしさってなあに?」
そうやって煮詰めてくのさ
そうやって忘れてくのさ

sabi)嗚呼 失くしたものでさえも
僕らは思い出せずに
何故か 切ない気持ちだけを
覚えたまま立ち止まるの

C)心に積もったガラクタを 必死に片づける度に
一度忘れた宝物の 形を思い描いていた
そしてやっと見つけたものに 僕は心を打たれたの
人知れず芽吹いた種に かつて希望と名付けたのだ

D/sabi)嗚呼 あの宙に届くまで
僕らは夢を見るのだ
たとえ 時が隔てようとも

転調sabi)嗚呼 あの宙に届くまで
僕らは夢を見るのだ
君と 生きている証明が
季節を共に越えるのだ
君と

詠乃うた(前・ゆい)です。
現在このアカウントを使っておりますが、春から別アカウントに切り替える予定です。このアカウントで投稿された作品の使用報告および申請は切り替え以降新アカウントにて行う予定です。
浮上率は低いですがよろしくお願いします。
お気軽にフォローしてもらえれば嬉しいです。
また、歌詞への批評、アドバイスは絶賛受付中です。


*相原ふう様にアイコンを描いていただきました。ありがとうございます!

もっと見る

もっと見る

▲TOP