花火と泣く私[music:YOTY様]

投稿日:2021/07/18 12:01:38 | 文字数:501文字 | 閲覧数:153 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歌詞

PM8:00に打ち上がる花火
瞳は何色にも輝いた
いつもの私なら 歓声を上げてただろうな
君と笑い合って 「すごいね」なんて言ってた
過ぎた過去ね…

一番の特等席の自宅
ベランダに寂しく残ってる
二つ並んだ椅子が無駄に花火に染まって
胸が痛いほどフラッシュバックする
ホント厄介ね…

バカみたいと微笑んで
缶ビール片手に花火を見上げた
花火の残響に
不思議に迫るこの胸のざわめきは?

儚く咲き乱れる花火に
何故か淋しくなるこの心は
君がいないせい?
そんなわけはない
…きっと違うだろう
私は花火に泣いた


PM8:30にフィナーレ
歓声もより大きくなる頃
いつもの私なら 動画を撮ってただろうな
君を写して 「やめろ」って言われて笑ってた

思い出すと恥ずかしい
そんな過去も当時は幸せな時間
打ち上がり続ける
花火が霞んで見えなくなった

花火にかき消された泣き声
私を照らしてくれる光が
あまりにも暖かくて
抑えきれなかった
…今日だけだから
私は思い出に泣いた

PM:9:00に幕を閉じた
花火大会と私の恋
明日から新たな人生(みち)を歩むよ
この椅子ともお別れしなくちゃね…

依頼、曲募集しております!
気軽にメッセージいただけたらと思います^ ^

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    (使わせてもらいました)のご連絡遅れてすみません。
    「花火と泣く私」https://piapro.jp/t/cR4c
    歌詞登録もさせていただきます。

    2021/09/26 09:11:05 From  YOTY

  • 花火と泣く私

    by YOTYさん

▲TOP