投稿日:2019/03/10 01:59:41 | 文字数:404文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞応募用作品です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝焼けに鴉が鳴いている
ネオンの残り香を食べるように

ゴミ箱から溢れた夜の残滓
無邪気な箒が街の隅に寄せる

歩き煙草の 吸い殻を踏み潰し
今踏み出すのが 朝か夜かを考えている

朝焼けの鴉は夜に飛ぶのか
ネオンの残滓は朝に輝くのか

取り残された僕がどちらに傾くのか
まだ まだ


真昼の月が静かに泣いている
誰も僕を見ていないと鏡写しにする

夜中の太陽が寂しいと呟く
誰の目にも留まらないと僕に知らしめる

街角のゴミ箱を無意味に蹴飛ばし
一歩踏み出した
暗転 落下 そこに道はない

朝焼けを見つけた鴉も
月をかき消すネオンも 僕は妬ましい

真昼の月 夜の太陽 僕の場所
道を探して
まだ まだ

鋏の雨が降る 視線が傘を穿つ
眩しいネオンライトの街
抜けた先にある朝焼けの 景色

今 ようやく光を見つけた
暗闇に沈んでようやく 手に入れた

僕の光を 小さな光を
やっと 手に入れた
輝く暁

イラスト、歌詞を投稿していきたいです。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    先日は歌詞の応募に参加していただき本当にありがとうございました(。_。*)
    選考させて頂きました結果、他の方の作品を採用させていただくことにしました。
    貴重なお時間を割いて考えて頂いたのに本当に申し訳ありません!

    2019/03/24 22:58:13 From  Asetonの素材置き場

  • 【初音ミク】トレース -trace-

    by Asetonの素材置き場さん

▲TOP