恋愛カフェテリア 歌詞

投稿日:2015/01/09 21:52:14 | 文字数:682文字 | 閲覧数:6,197 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

恋愛カフェテリア
歌詞

とっておきの時間を始めましょう ここは街の外れのカフェテリア
どんな恋の魔法のオーダーも 承っているのです
そんな君に本日のお勧めは ほんのりシナモン効いたカプチーノ
ラム酒入りのショコラも添えてみて ちょっと大人びてるでしょ

いつのまに増えてた心の傷は 甘いお菓子だけじゃ癒されない
自由気ままな恋もいいんだけど 少しくらい刺激もなくっちゃね

描いてた恋愛を叶えましょう 油断してちゃ誰かにとられてしまうよ
たった一度きりの恋としても どうせ無理だなんて言わないでよね

破れたままのスニーカーじゃまだ 凸凹道は上手く走りきれない
それでも迷うことなく進め 飾らないままの自分でいいんだから

飲みかけで置かれたままのハーブティ いたずらに飾られたアプリコット
君がいなくなった後の部屋は なんか味気なくってさ

追いかけることに焦りすぎてて 磨くことを少しさぼってたんだ
きっかけばかり運命任せなら 温めてた恋も冷めてしまう

届けてみよう愛のメッセージ 僕らは月と太陽付かず離れず
あの子の方が相応しいなんて そんなのお人好し過ぎるのよね

動き出した歯車止められない 臆病な自分このままでいいの
イメージ通りに いかないとしても
自分なりのやり方で ありのままでいいんだよ

まずは踏み出すことを始めなきゃ うつむくことはするな 愛しき人よ
頭の中不安で埋まったとしても きっと上手くいくって思わなきゃね

掴むこと出来ない不屈な太陽 でも少しはロマンを抱いたっていいじゃない
法則だなんて気にせず進め そして君の左を歩くのさ

ボカロPです。作詞・作曲をしております。<br>【ニコ】 http://www.nicovideo.jp/user/12718229<br>【HP】http://soundtribute.web.fc2.com/index.html

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP