夜明け前の土佐路 駆けるわ 南風
橋の先のゴール目指し 峠を攻める

鮮やかに車体を 傾けて躍る
一秒でも速く速く みんなを乗せて

後ろから迫る ライバルの影に
怯える君さえ 今は愛おしい

明日が見えなくとも 雨が降るとも
負けられぬ戦いが ここにあるなら

苦しむことさえも 馬鹿にされても
ひたすらにもがくだけ ただ生き残るため


峠の登り坂 攻めるの 南風
音を立てて トルクかけて 車輪回すわ

わずかな隙を突き アタックかけるわ
一秒でも無駄にしない みんなのために

真っ直ぐな道を 駆けるライバルと
カーブの隘路で 苦しむ南風

隣町が遠くて 切れそうな糸
ただつなぎ止めるため 今日も戦う

無駄な旅だなんて 馬鹿にされても
どこまでも突き進め 明日を生きるために


先が見えなくとも 雨に打たれて
ひたすらに駆けていく 勝ち残るため

今日も攻めていくよ 未来のために
どこまでも輝ける 夢に届くために

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

ひたすらに、南風 / エクライト feat.京町セイカ

作詞・作曲:エクライト
唄:京町セイカ


JR四国の特急「南風」(なんぷう)をテーマにした楽曲です。
会社の激しい情熱をイメージしたヘビメタ風の作品です。



以下、楽曲の背景の説明です。

昭和末期まで高速道路が皆無だった四国に、平成初期から
建設が進んでいきます。幹線でも非電化路線が多い四国では、
昭和のかなり遅い時期まで、ディーゼル急行列車主体の
ダイヤでした。

登りでは一般道路の自動車のスピードも出ませんでした。
古い時代の線路が多くて、カーブでスピードを落とさざるを
得ない障害もありました。

このままではJR四国は会社の収益を支える、長距離客を
全面的に失ってしまう、という危機感で、登りが速くて、
カーブも速い、しかもディーゼルエンジンで走る、という
車両を開発しました。特急「南風」で速く走ることを一番に
考えた車両でした。

これが2000系気動車です。軽量コンパクト、しかも強力な
エンジンを1両に2基搭載、気動車では不可能と言われた
振り子機構でカーブを高速で通過。

地元の方は「こんな速く走るダイヤ守れるのか!?」という
印象になったようです。

2000系はJR四国の特急網の主役となり、その思想は後継の
2700系に今も受け継がれています。

閲覧数:63

投稿日:2023/07/26 18:16:24

文字数:414文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました