あなたの体温

投稿日:2012/11/18 00:50:17 | 文字数:563文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ホットミルクをよく飲む季節になったので…(*´∀`*)ノ♪

好きな人の手のひらの温かさを、思い浮かべながら飲むホットミルクです…*



babyとか自分で書くのは恥ずかしいけど、聞かされるのは好き!
最近は変に大げさな表現はしないで、シンプルに思ったことを伝えるのが、甘い歌詞になるかなと思ったので、難しいことは書いてないと思います!
ホットココアも好きなんですけどね(マシュマロ入り♪ ではっ(*^○^*)!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

*
ちょっと大きめのコップにそそいだ
ホットミルク あなたの大きな手のひらの温度を
感じながら飲むの

冬の寒い日 会えないさみしさは
大きな手のひら かさなる温かさに頬が熱くなる
そんなことを思い浮かべながら
口のなかに広がる 砂糖の甘さ …
あなたの愛情に満たされていく感じ それみたい

**
夢のなかでしか まざりあえないふたり
ミルクと砂糖に溶かして飲む
あなたとの 甘い夢

冬の寒い日 会えないさみしさは
大きなカップの上に かさなる手のひら
背中から抱きしめてくれたときの それみたい

ホットミルクには 女の子の夢が浮かんで
きらきら くるくるしてる
あなたの はにかんだような横顔が …


*

ah 背中から伝わってくる それみたい
ソファーがあるなら あなたを取ろう
だってそのほうが ゆったりできるから

わたしの特等席になって
もっとそばに来いよって
いたずらする 男の子みたいに言ってみて
可愛い baby

**

大きなカップの上に かさなる手のひら
背中から抱きしめてくれたときの それみたい

ホットミルクには 女の子の夢が浮かんで
きらきら くるくるしてる

まだ会えない あなたの やさしい
恋しい さみしい ホットミルクに浮かべた
わたしの 抱きしめたくなるくらい 愛しい恋心 …

曲を作って下さる方に、
恥ずかしい思いをさせない
そんな歌詞を心を込めて
作詞したいといつも思います*


まだまだ初心者ですが、
わたしの詩を、好きだなと
読んで思って下さった方達に
使っていただければ、それが
いちばん嬉しいです\(//∇//)\


マイペースにのんびり活動中…_φ( ̄ー ̄* )

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP