SAS(sentimental autumnal sky) 曲募集

投稿日:2020/04/25 16:00:00 | 文字数:623文字 | 閲覧数:197 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

寂しい秋を歌詞にしました。あえて、好きという言葉を使わず恋愛歌にしました。お目に留まれば、お願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サビ
センチメンタルハートに木漏れ日がさしている
今日は照らす僕と木々を

1番
Aメロ
袖が長くなりはじめる季節
夏の風が過ぎた
シャツの腕をまくって過ごす僕は
少し寒そうだな

Bメロ
通学路の行きの道
あとどれくらい通るのだろう
自転車漕ぐ君を見るだけ
あいさつできない僕に気づいて
微笑む君は

サビ
センチメンタルハートに木漏れ日がさしている
今日は照らす僕と木々を
欅の木の下でたたずむ僕はいま
空を見上げ何を思う

2番
Aメロ
君の周りにはいつもの友達
決して多くはない
けど笑顔は絶えず楽しそうだ
僕もいつかそう

Bメロ
君と話すときだけ
脈を打つスピードが早い
はじめてだよこんなのは
なぜだろうわからない感情みんなは
恋っていうのかな

サビ
センチメンタルハートに木漏れ日がさすようさ
僕の勇気無駄じゃないと
告げている太陽が眩しいな
こぼれた涙頬をつたっていく

Bメロ
人の人生の中で
避けてはいけないときがある
成功ばかりが人生
じゃないと教えた君に言いたい
言葉は一つ

大サビ①
センチメンタルハートに木漏れ日がさしている
今日は照らす僕と木々を
欅の木の下でたたずむ僕はいま
空を見上げ何を思う

大サビ②
センチメンタルハートに木漏れ日がさした日
ここからまた歩んでこう
The sentimental autumnal sky gave me memory,
so I don't shed tears.

まだまだ未熟ものですが、作詞を中心に活動したいと思っております。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP