朔夜

投稿日:2016/09/12 16:37:04 | 文字数:408文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

14歳頃(中二病まっさかり)の作風を思い出しながら書いてみました。
漢字使わない、台詞にはカタカナ、なんか月とか闇とか使っちゃう等々。
久々に書くと楽しいけど恥ずかしいですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暁の闇に揺れる
荒野に眠る友を想う
土くれから湧き出す蛆が
死にたくないと喚く
同胞のよう 渇望のよう

蛆の一匹に君の名をつけた
代わりに愛せるかと
縋ってみた
育って育って割れて羽化
気味が悪くて潰して捨てた

全てが泡沫の夢ならば
新月よ 私を早く隠してほしい
此の罪を仔に贖わせ
贄へと落ちる宿命など
負わせるものか
追わせるものか

友の四肢を那由多に分けて
友の頭を京に分けて
散りばめたのは私 私
死にたくないと喚くから
私もそうだったと
斧を振るう
助けてくれと縋るから
私もそう言ったと
鉈で断つ

ほんの少しの愛があれば
違う終があったのかと
荒野に眠る友を想い幾年月
育った仔を膝枕
頭を撫でて歌を唄う
貴女だけが宝物
何も知らずによく眠れ
蟲も殺せぬまま育て

小さな小さな寝息に混ざって
零れ落ちる呟きは
微睡みが見せた泡沫の夢
新月のような恨み言

―今度八殺サナイデ―

暁の闇が揺れる

元「赤月奇瑠」です。
アカウント作り直しました。
基本的に暗い詩しか書けません。
お目汚しではあるかと思いますが読んでいただければ嬉しいです。

コラボ大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。

Twitter ID→@kirai4649

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP