水色の世界に願うこと

投稿日:2018/03/08 22:12:59 | 文字数:798文字 | 閲覧数:93 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

空を眺めていて出来上がった歌詞です。

きっと誰もが変わらぬ風景が続くことを、そっと願ってる。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

I
「朝が来た」って目を開いた。
目を開(ひら)けた。
これで1日を始められる。って
自然と笑顔になれた。

以前の自分とは違うみたい

1A
生きることをあきらめかけたあの日は
雨がずっと降り続いた
1週間の最後の日だった。

1B
嫌いな天気は「雨です」って
答えてたこと思い出す。

1C
「青空を見失った、もう手は届かない」
(もう手は届かない)

結局心の中も外も雨だったから
「晴れ」を、「青空」を
探しに行こうとしたんだ。

1S
空の水色輝いて ほぼ毎日の変わらぬ風景。
「そのまま変わらないで、黒雲にならないで」
空も心も輝いて ほぼ毎日の変わらぬ風景。
「そのまま変わらないで、
ずっとずっと笑わせて」
笑わせて 泣かせないで
そっと願ってる。

2A1
「生きよう」と心の中で強く決めたあの日は
雨が止んで青空の見えた
1週間のはじめの日だった。

2A2
「どこまでも澄み切ったこの空の下ならば
つらいことがあっても生きていける」って
そう思ったからだね。

2C
「青空を見失った、でもまた見つけた」
(また見つけられた)

結局心の中も外も晴れてきたから
「晴れ」も「青空」も
探さなくて良かったんだ。

D(1S、3S前半と同じですが、少し歌詞が加わります)
今日もまたそっと振り返る
あの日とあの日の自分自身
すべて忘れたい気がする。
いつか忘れられるかな。

目を閉じて微笑んだ。

3S
空の水色輝いて ほぼ毎日の変わらぬ風景。
「そのまま変わらないで、黒雲にならないで」
空も心も輝いて ほぼ毎日の変わらぬ風景。
「そのまま変わらないで、
ずっとずっと笑わせて」
笑わせて 泣かせないで
そっと願ってる。 また今日も。

O
「朝が来た」って目を開いて
目を開(ひら)けて
これで1日を始められるって
自然と笑顔になれるように
なれるように。

歌詞を作っています!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP