スリットと純情

投稿日:2014/01/31 21:04:52 | 文字数:282文字 | 閲覧数:296 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

なにしたってそうやって嗤うのだもの。


いきぬきー

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

跪いてキスを頂戴な
眼窩に埋れた
その罪を味わって
爪先にキスを頂戴

羨望と絶望の揺らいだ
赤い目がストロベリー
スリットに隠す純情
舌先を潜らせた

なんてことないって
嗤うきみが好きよ
その愛しい手で手にかけて
出来ないくらい嫌い?

怖気づいた愛を頂戴な
あの子に狙われた
その恋を散らかして
口先の愛を頂戴

羨望と渇望に眩んだ
君の目がストロベリー
スリットで晒す純情
視線だけ奪われて

なんてことないって
嗤うきみが好きよ
その愛しい手で手にかけて
出来ないならいらない

なんてことないって
嗤うきみが好きよ
愛した後に抱いたのが
髑髏だとしても

ziuと申します。
お返事は遅くなりますが、ご依頼や歌詞の使用等お声かけいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/23317711
twitter:http://twitter.com/kiss0out
mail: uni_chuchu○yahoo.co.jp(○→@)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP