歌詞応募 Just Another Flower

投稿日:2012/04/04 02:59:37 | 文字数:686文字 | 閲覧数:123 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

羽の折れた蝶々 金箔の剥がれた鳥の群れ
陽だまり誘う くちばしの先 同じ空 優しさを忘れ行く月
時間引き伸ばして 同じ重さの時計だけど
別れを告げ 歌を飾る 最後の夜をもう少しだけ

温かい日差しを返してと まぶしい空は夢じゃない
待ち焦がれている瞳に 新しい朝 望んだ
暖かい月 潰した闇が空けないように
黒い森に囲まれて 今目を覚ます 純白の花

冷たい星 明日に溶ける 私をどうか励まして
枯れない花が散る時 この物語は終わるの
燃える剣 焦げる正義 私を切り裂く光
路上に芽吹くタンポポ 沈まない太陽を望んだ


枯れるからきれいだ いつまでも微笑む月の海
水をすくえば この身にまけば 冷たいね 裏返せば優しい朝
夜が明けないなら 代わりにとばかりに輝く
月を映し 星を散らす 最後に夢を飾る湖

誰も私を愛してくれない 刻まれた茨の通り
夜を塗りこんだ体 何度描いた青空
見知らぬ光 私が連れて帰る約束
海に溶かした太陽 終わりを嫌う 禁断の花

凍える風 研ぎ澄まされ 私にどうか味方して
正義を灯す松明 色を忘れた炎は青く
水面揺らし 春を煽る 私にまきつく夜空
闇に根を張るカラスウリ 覚めない夢には終わりを


神サマ どうかせめて 最後に慰めの雨を
just another flower 最後に目に焼き付ける 朝を せめてどうか神サマ


からめ取った いびつな形 あなたが望む幸せ
この手に太陽を求め 涙を朝露で薄め
永遠だと 信じること 誰にでも許される
朝日にこの身を焦がし 百年先の夜を待つわ

悪い夢とともに眠ろう
       おやすみ

受験生ナウです。

作詞しています。
曲をつけてくださる方を全力で探しています。
よろしくお願いします。

pixivで小説を投稿し始めました。http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18642
(ここと名前違いますが・・・テラでやってます。)

歌詞応募、となっているものは、選考中または採用していただいたものです。
落選したものには何も書いておりません、曲をつけてくださるという心優しいお方を募集しております。
ボーカロイドのほうは、割と気分で選んでます。(自分、持っていないんで・・・)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP